好きにすれば? By D.A

ONE PIECE 名セリフ集
出来るさ!チョッパー出来るさ!チョッパー
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク (管理者名)
ブログ徘徊用のMyメモとして
ピックアップ☆
月別アーカイブ
最新トラックバック
冬にも咲く、奇跡の桜

 帝国華激団、参上!! 自分が信じる自分を信じろっ!! パパッ!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性義の味方!続々々エロレンジャー ~ブルーの必殺技~

「イケイケ、イッテシマエ」

感情のない言葉を発しながら、レッドに対し
第3の足で鋭いキックを繰り出すイエロー。

この攻撃を受けるわけにはいかない。
肉体的にも、精神的のも大ダメージをくらってしまうだろう。
朦朧としているレッドにも分かっていた・・・が、動くことが出来ない。

「くっ!やばぃ!」

レッドが、半ばあきらめて、衝撃に備えたその時!
がし!がしっ!

キックを繰り出すイエローの両肩をつかんだ二人の男。

「そこまでだぜ、イエロー。」
「只今、皆!」

ピンクとグリーンだった。

「やっと来たか!」
「お帰り!二人とも!」

一瞬だが、レッドとブルーに笑顔が戻る。

ピンクとグリーンは、イエローの両肩をつかみ、
さらにイエローの動きを封じた。
それを見て、ブルーは、イエローの後ろに回り込む。

「グ、ナニヲスルンダ、キサマラ。」

身をよじるイエローをぐっと抑え込むピンクとグリーン。

「ブルー!頼んだ!!」

イエローの後ろに回り込んだブルーに、ピンク・グリーン・レッドの視線が集まる。

イエローの2メートル後ろで、手を組み合わせる。
組み合わせた両手の、人差し指と中指だけを、天に突き立てた。

「この技で、我に返れ。我が友よ。我が仲間よ!」

呪文のように言葉を連ね、組み上げた両手を胸の前にかざす。
グンッっと、ブルーの両腕の筋肉が膨れ上がったように見えた。

「逝くがいい。超絶回転肛門4指突き!!!(か・ん・ち・ょ・う)」

技の名前を叫ぶと、2メートルの助走を一瞬にして縮める!

「ぅぁっ!ちょ、まって。思い出した!俺イエロー! エロレンジャーのエロイエローだー!!」

ブルーの気迫と、技の威力に、はっと我に帰るイエロー。
しかし、ブルーの勢いは止められない。・・・いや、止めない。
膨れ上がった腕の力にまかせ、イエローの尻にがけて指を突き立てる!!

「死ねぇぇぇぇぇぇぇ!!!!」(ブルー)

「ちょっ、まっ、死ねってオカシっ!!!!」

ズドッッッッコンッッグリグリリッ!!!!!

「う゛あ゛ぁぁぁぁぁぁぁっ!!!!!!!!!!!!!」(イエロー)


我に返りエロレンジャーの一員として、意識を取り戻したエロイエロー。
しかし、すぐに意識を失った。
とりあえず、2時間は身動きが取れないであろう。

「さぁ、次はお前たちだ!」

カンチョウのあとの指先から、シュウシュウと煙を上げながら
立ちはだかる二人の敵を、ギッと睨みつける、ブルー。


形成は、逆転した。


がんばれ、エロレンジャー!
負けるな、エロレンジャー!
生き返れ、エロイエロー!


↓他の方の小説はコチラ↓
にほんブログ村 小説ブログへ






スポンサーサイト

テーマ : ちょい笑(?)小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

ぷw

「か・ん・ち・ょ・う」で不覚にもウケたw

Re: ぷw

「米書多謝々!!(あ・り・が・と・う!!)」

見ろ!ぉっがエロのようだ!!

更新情報_遅延タイプw
プロフィール

チャラ乙(←”ぉっ ”←”乙_thunder”)

Author:チャラ乙(←”ぉっ ”←”乙_thunder”)
お前が信じる俺でも無い!
俺が信じるお前でも無い!

お前が信じる、お前を信じろ!!

ぼやき
アメブロ ・ツイッター
 
検索フォーム
お勧めリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。