好きにすれば? By D.A

ONE PIECE 名セリフ集
出来るさ!チョッパー出来るさ!チョッパー
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク (管理者名)
ブログ徘徊用のMyメモとして
ピックアップ☆
月別アーカイブ
最新トラックバック
冬にも咲く、奇跡の桜

 帝国華激団、参上!! 自分が信じる自分を信じろっ!! パパッ!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫉妬?

嫉妬?

「友達だよ~。気にする事無いって。」

明らかに嫌そうな表情を見せる俺をなだめて、
彼女は掛かってきた電話を取った。



・・・・・・・ぁー。

分かってる。
彼女の気持ちは、何度も確かめた。
俺の事が好き。俺だけが好き。
その時は、そう思えるんだ。

他の男から電話があっても。
他の男と遊びに行っても。
(二人は駄目だが!)


なんつーか、彼女の心に変化があるとか
浮気されてしまうんじゃないかとか
そういう心配じゃない。
信用してる。

他の男が、彼女に好意を向けること自体が
なんか、嫌。


嫉妬じゃないんだよな。これは。

独占欲?
縄張り意識?

・・・・・・んー。。



変な考えを巡らせてる内に
彼女の電話が、終わる。


「ごめんね」

舌を出す彼女。

「ん、いいよ。」

まだ機嫌の直らない俺。

「何で怒ってるの?友達だよ。」

質問を投げかける君に、
さっきの俺の気持ちを言えるわけもなく。

「別に大丈夫。怒ってないよ。」

機嫌を悪くしても、何も解決はしない。
それはわかってるのだが、
急に明るく振舞うなんて
器用な事は出来ない。

「私は、君だけだよ?」

ちょっと上目遣いをして、
俺に気遣いながら、そう言う。

「うん。大丈夫。なんか、そう言うことじゃないんだ。」

素直に嬉しい言葉も、
素直に受け止められない自分が居た。

「じゃぁ、なによー。」

逆に、今度は彼女が口を尖らせる。
ここまでは、何度も行われてきた光景だ。


このままでは、彼女に不満が募って
いつか駄目になってしまうんではないか?

そう考えた俺は、彼女に質問を投げかける。



「んー、俺がさ。 例えば俺が、誰かに好きって言われたら、どう思う?」

「え? 断るんでしょ? なら、別に・・・。」

「んー、そこでさ。俺の場合は、好きっていわれたこと自体が嫌なの。」

正直に、自分の気持ちをぶつけてみる。

「君の気持ちがどうとか、浮気されるとかは全く考えてないんだ。ただ・・・」

言葉をにごらせる俺を、彼女は促すように見つめる。

「ただ・・・?」

「・・・ただ、君に好意を寄せる男の存在が気に入らないだけ。」

彼女は、黙る。

「俺は、君の何もかもが好きだ。ジャージや、寝起きのスッピンも、君の全部が好きなんだ。・・・もちろん、可愛い笑顔や可愛い服装も好きなんだけどね。でも、周りに見せる笑顔や可愛らしい格好で、他の男が寄ってくるなら、笑顔や格好なんて適当でいい。とさえ思っちゃうんだよ。」

俺はここまで、溜めてた想いを一息で吐き出した。

「じゃぁ、あたしは、どうすればいいの? 君の前だけで、笑顔作ってファッションショーでもしてれば満足?」
「それは、違うけど・・・」

俺も、どうして欲しいかなんて分からない。
魅力的な君に、男が寄ってくるのだって、防ぎ様が無い。
どうしたら、いいんだろう。
それを、彼女と相談したかった。




・・・が。
元々、束縛されたく無いタイプの彼女に
俺の言葉は、やっぱり重かったみたいで。

「ウザい」





ごめんね、付き合ってくれてありがとう。
今後の恋では、気をつけます。



↓他の方の小説はコチラ↓
にほんブログ村 小説ブログへ






スポンサーサイト

テーマ : ちょい笑(?)小説
ジャンル : 小説・文学

コメント

Secret

見ろ!ぉっがエロのようだ!!

更新情報_遅延タイプw
プロフィール

チャラ乙(←”ぉっ ”←”乙_thunder”)

Author:チャラ乙(←”ぉっ ”←”乙_thunder”)
お前が信じる俺でも無い!
俺が信じるお前でも無い!

お前が信じる、お前を信じろ!!

ぼやき
アメブロ ・ツイッター
 
検索フォーム
お勧めリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。