好きにすれば? By D.A

ONE PIECE 名セリフ集
出来るさ!チョッパー出来るさ!チョッパー
現在の閲覧者数:
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク (管理者名)
ブログ徘徊用のMyメモとして
ピックアップ☆
月別アーカイブ
最新トラックバック
冬にも咲く、奇跡の桜

 帝国華激団、参上!! 自分が信じる自分を信じろっ!! パパッ!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性義の味方! 変態爆裂エロレンジャー

明るいエロを浸透させ、仕事にくたびれたオヤジ連中に活力を与えるため日夜活躍する

『変態爆裂エロレンジャー』

エロレッド
エロブルー
エロイエロー
エログリーン
エロピンク


エロエロ魔神レイ率いる
エロ魔軍団エロイベャー

エロ魔神レイの右腕であり、エロ魔3連女星のトップ
・カルパ女王
エロ魔3連女星がひとり。
・シスター咲樹
エロ魔3連女星がひとり。
・プリンセス姫

すでに、エロイベャーとエロレンジャーの戦いは佳境に迫っている!


「ふっふっふ!これで決めてやる!!」
「返り討ちにしてあげるわぁ~っ

二人は、とうとう長い戦いに終止符を打つつもりだ!

先に仕掛けたのは、エロラ!
しかし、エロンガーZはギリギリで避けると、
右手に持った剛刀『赤マムシ』を振り下ろした!!

『赤マムシ』がエロラの体に触れた瞬間!
ビィィィィィィィイィィィッィィッィィィイイィィ
と微妙な強弱を含めたバイブレーションが炸裂した!

『ぅはぁ~~~~~~~っっっ!!!』

エロラの声が妖しく悶える

「やるわねぇ~。で、でもまだいけるわっ!」

と強がるエロラの膝はガクガクと震え、立つのがやっとだ。
エロンガーZはトドメとばかりに、もう一度赤マムシを構えた。

「この卑怯者!あんた自身の剛刀で決着をつけなさいよ!!」

エロンガーZの足元で、ベチャベチャになりながら叫ぶ女。
エロ魔3連女星のプリンセス姫だ!

「道具に頼ってんじゃないわよ!!」
と、シスター咲樹。

「そうよ!このドーピング野郎!!!」
と、カルパ女王。

Σ( ̄□ ̄

「ぇぇぃ!うるさい!こんなもん使わんでも余裕じゃィ!」

そう言って、エロンガーZは剛刀「赤マムシ」を手放した。
そして、男の維持と誇りを掛けて、単身エロラに立ち向かうのだった!

シメシメ・・・・と放り投げられた「赤マムシ」を拾いに向かった
姫・咲樹・カルパだったが。

「コラコラコラコラっ! ちょっとまてぇぇぇぃ」

と立ちはだかった5人の男達!!


「急いで脱いだら白ブリーフだった!
赤っ恥のエロレッド!」


「今日こそヤルゾ!と気合入れたが定休日!
タイミング悪のエロブルー!」


「脱いだブリーフが少し黄ばんでた!
ゴメン漏らしたエロイエロー!」


「初めてのキスで、メガネがぶつかる。
メガネ外してキスしたが、よく見えずに鼻にキスした。
初々しいぞ、エログリーン!」


「乳首もアレもピンクじゃ無いが
実は素人童貞、エロピンク!」


5人揃って、性義の味方!
『変態爆裂エロレンジャー!!』


3連女星の前に立ちはだかった、エロレンジャー!

「あらわれたなっ!エロレンジャー!」
「ここで逢ったが100年目、ですわ!」
「やだー、邪魔しないで下さいよぉ~。」

カルパ・咲樹・姫は、身構える!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

巨大なエロラ・エロンガーZの足元で火花を散らす男女。
そして、前回からずっと走っているシモ松。

どうなる?エロンガー!
どうする?エロレンジャー!
走れ!シモ松博士!

次週にこうご期待!



さて、来週の『群馬変態爆裂エロレンジャー!!』は
「守れ!赤マムシ! 道具に頼ってナンボじゃゴルァ 」
「走れ!シモ松! 横着でセブンで下ろすのは許さない」
「エロンガーZとエロラ、愛の逃避行」

の3本です

ンッンァッンッン!!


↓他の方の小説はコチラ↓
にほんブログ村 小説ブログへ






スポンサーサイト

テーマ : ちょい笑(?)小説
ジャンル : 小説・文学

見ろ!ぉっがエロのようだ!!

更新情報_遅延タイプw
プロフィール

チャラ乙(←”ぉっ ”←”乙_thunder”)

Author:チャラ乙(←”ぉっ ”←”乙_thunder”)
お前が信じる俺でも無い!
俺が信じるお前でも無い!

お前が信じる、お前を信じろ!!

ぼやき
アメブロ ・ツイッター
 
検索フォーム
お勧めリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。